お使いのブラウザはJavaScriptに対応していません。 先輩社員インタビュー|Y. K. | 京セラグループ KCCSモバイルエンジニアリング - KCME

kyocera-logo
kcme-logo-svg

 Y. K.

Y. K.

2014年新卒入社エンジニア

入社以来、通信キャリア工事の施工管理業務を担当。現在は、ベンダー工事にも携わっています。

成功に導くのは 自分自身You are the key to the door of success

01仕事をする上で、大事にしていること、心がけていること

自分自身が正しいと思うことを
実行すること

常に自分の意思、意見を持って仕事に向き合っていくことが大事だと思っています。そして、何事にも自分自身が正しいと思うことを実行するようを心がけています。体験上、自分の中で間違っているのではないかと思ったり、何かひっかかることがあると感じた場合、後々の障害になることが多いです。また、悩みを抱えたまま業務を遂行すると、それがストレスになって思い切って業務に取り組むことができません。それに伴って結果も悪いものになってしまうと思います。自分の意思、意見を持っていれば、失敗した時考えを改めて挑戦することで、必ず良い結果や自分自身の成長に繋がっていくと確信しています。

イメージ

02仕事の中でやりがいを感じるとき

無事に案件を終え
達成感を味わったとき

通信インフラを構築していくためには、オーナー交渉、現地調査、設計、工事等、様々な工程があり、それぞれの工程で多くの方々とかかわることになります。入社1年目でイベント会場の屋内電波対策案件を担当することになりました。もともと人とかかわることに苦手意識があり、オーナー様やお客様との調整や工程管理で苦労したことも多くありましたが、その案件を終えるときに、オーナー様やお客様から「ありがとうございました」や「お疲れ様でした」と感謝の言葉をいただきました。その際に、この仕事は人と人とのかかわりで成り立っているのだな、と改めて実感し、人と関わることの楽しさと無事に案件を終えたことに大いに達成感を感じることができました。

イメージ
イメージ

03未来の後輩へ

思い切って実行しよう

何事も最初は悩むこともあると思います。まずは、自分が正しいと思うことを実行していきましょう。それが間違っていたとしても悪い方向には進まないと思います。実行するのも、成功に導くのも自分自身。何事にも恐れず積極的にチャレンジしていきましょう!

Page Top