お使いのブラウザはJavaScriptに対応していません。 先輩社員インタビュー|Y. O. | 京セラグループ KCCSモバイルエンジニアリング - KCME

kyocera-logo
kcme-logo-svg

Y. O.

Y. O.

2010年新卒入社経理

入社以来7年間経理にて、伝票記帳や決算書作成、資産管理・債務管理などを経験。
現在は、これまでの経理経験を活かし、海外子会社の会計を主とした管理業務サポートの担当を務める。

夢は あきらめなければ
必ず実現する
Dreams come true, if you never give up

01仕事をする上で、大事にしていること、心がけていること

感謝の気持ちを
忘れないこと

自分がなりたいと思う将来像を明確に定め、その目標実現に向かって計画し、チャレンジしていくことです。私は入社する前から、いつか海外関連業務にも携わり、仕事の幅を広く持ちたいという夢がありました。現在、その夢も叶い、海外子会社の会計を主とした管理業務サポートの担当をしており、現地への出張等を通して多くの経験をすることができました。夢だった海外関連業務に携われたことで、仕事の視野が広がったり、英文会計に興味を持つことができたりと、バイタリティを高められたと実感しています。
また、周囲へ感謝の気持ちを忘れないことを心がけています。どんな些細な仕事でも、自分一人で完結する仕事はありません。自分の目標にチャレンジできるのも、それを成功させるのも、必ず周囲の方々の協力があってこそのものだと考えています。

イメージ

02仕事の中でやりがいを感じるとき

会社運営の一躍を担っていると
実感したとき

会社の社内運用ルールの制定を手掛け、会社運営の一躍を担っていると実感したときです。
入社2年目で会社が統合し、経理経験が浅い身でしたが、統合後の様々な社内運用ルール整備を一から任せて頂きました。上司や先輩方にたくさんのサポート・アドバイスを頂きながら進めていきましたが、先ずは自分はどう考えているのか、どうしたいのかを引き出して頂き、その結果、社内運用が円滑に進められる形を実現することが出来ました。経理を含め、管理本部の役割は、会社が健全に経営できるよう管理する部門です。一般的に事務業務は、単純な事務処理だけという印象がありますが、経理で言えば会計の専門的部分も考慮しながら、会社運営に必要なルールを作り上げたりと、重要な一躍を担っていると考えており、とてもやりがいのあることだと感じています。

イメージ
イメージ

03未来の後輩へ

納得するまでやりきってみる

仕事のやりがいや楽しさを見出すのは自分次第です。正直、部署に関わらず、どんな仕事も地道な作業の繰り返しが多く、自分には合っていないのではないかと投げ出したくなることもあると思います。
しかし、どんな地道な作業にも意味があり、目的意識をもってこなし、やりきった時に達成感や自信へと繋がっていきます。何でも自分が納得するまでやりきってみることが、自ずと次ヘ進むべき原動力となります。

Page Top