お使いのブラウザはJavaScriptに対応していません。 先輩社員インタビュー|T. H. | 京セラグループ KCCSモバイルエンジニアリング - KCME

kyocera-logo
kcme-logo-svg

T. H.

H. T.

2012年新卒入社エンジニア

入社後5年間は無線通信にかかわる電波干渉問題及び電波法関連の業務を担当。現在は、通信キャリア向け業務システムの開発を担当しています。

自ら切り拓き チャンスを掴むPave the way for opportunities by yourself

01仕事をする上で、大事にしていること、心がけていること

チャレンジ精神を 持つこと

入社して以来、無線通信にかかわる業務を担当していましたが、異動により2016年からシステム開発の業務に携わることになりました。環境の変化で慣れない業務でも、先輩社員がサポートをしてくれるので、分からないことは恥ずかしがらずに正直に聞こう、と新入社員の頃の気持ちを思い出しながら取り組んでいます。現在担当している通信キャリア向け業務システムは、異動前まで私自身が担当していた業務をシステム化しようというプロジェクトでした。担当のお客様も変わらず、なおかつ対象業務の内容も把握できているという私の強みを活かしながら、やり遂げられるよう必死に励んでいます。慣れた業務を日々こなすだけではなく、新しいことにチャレンジするいい機会と捉えてます。

イメージ

02仕事の中でやりがいを感じるとき

お客様から 感謝されたとき

入社3年目の頃、お客様から新規案件のお話をいただきました。社内では私が担当することになり、提案資料を作成しました。この時はまだ、想像していませんでしたが、社内レビューの際に上司から、ステップアップの為、自分で提案し実業務も一環して対応していくことにチャレンジするよう言われました。正直、気が進まず不安でしたが、自己成長の為に挑戦してみようと気持ちを切替えました。何とか慣れないプレゼンテーションの機会を乗り越え、無事案件を獲得することが出来ました。実業務も、周りにフォローを依頼しながら対応し、お客様から、「御社で君に対応してもらって本当に助かったよ」と声をかけていただき、嬉しい気持ちとチャレンジの場を設けて頂けた上司に感謝の気持ちが湧きました。

イメージ
イメージ

03未来の後輩へ

失敗を恐れずチャレンジしよう

自分の視野を広げることで多くのことが学べ、チャンスを手にすることができます。私は与えられたチャンスよりも自らが切り拓いて掴んだチャンスには何倍もの価値があり、その価値は自分自身の価値を上げることにも繋がると考えています。先輩社員も優しくサポートしてくれますので、ぜひ、失敗を恐れず前向きにチャレンジする気持ちを持って、一緒にがんばりましょう。

Page Top