お使いのブラウザはJavaScriptに対応していません。 SDGsへの取り組み | 京セラグループ - KCME

kyocera-logo
kcme-logo-svg

SDGsへの取り組み

SDGs

持続可能な開発目標 SDGsとは

  持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。



KCCSモバイルエンジニアリング株式会社は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています



KCMEがSDGsの活動により目指すことは

  SDGsの達成に向けた活動により、住み続けられるまちづくりに貢献する企業を目指しています。弊社では現在、「住み続けられるまちづくり」を目標として、自治体を中心に防災システムを導入しており、災害時のみならず平時利用にも機能拡張し、コミュニケーション手段の1つとしても利用して頂けるようにしています。今後は今まで導入してきた基盤を活かし、介護・福祉にも利用できるように考えております。その先には、「住み続けられる」という点で欠かすことのできない、教育と移動手段に対して、弊社の強みであるモバイルとICTを活かし、利便性の向上に取り組んでいきます。






主な取り組み事例のご紹介

5営業日内にご返信いたします
お気軽にご相談ください

お問い合わせはこちら

月曜日〜金曜日 9:00〜17:30
(ただし祝日、弊社休業日を除く)

Page Top