ホップ型Wi-Fi

ホップ型Wi-Fi

ホップ型Wi-Fi とは

  一般的に屋外で広域に通信環境を確保する際は、LANケーブルの敷設工事が必要であることや、無線の場合には電波が届きづらいといったことがハードルになります。当社が提供するシャープ製の無線LANアクセスポイント「QX-C300」シリーズではこれらの課題に対して、アクセスポイント間を無線中継する「無線バックホール」技術を採用し、 安定かつ高速な無線通信を実現しています。
  屋内外を問わず柔軟に広域な無線LAN環境の構築が可能な新しいアクセスポイントです。従来カバーすることができなかったような場所にもWi-Fiサービスだけでなく監視カメラのバックホール等と合わせて、様々なネットワークサービスの提供が可能です。

SOLUTION IMAGE
ソリューションイメージ

Wi-FiだけでなくIP伝送も可能

屋外に設置した監視カメラ映像を無線で伝送することにより配線工事が不要となります。


FUNCTION
基本機能

SCENE
主な利用シーン

様々な業種で、業務の効率化に役立っております。



SPECIFICATION
仕様

 QX-C300シリーズ 仕様


Case1Case1:広大な敷地でWi-Fi提供

CASE1
場所
キャンプ場
物件数
1物件
対応範囲
Wi-Fiサービス

導入効果

  従来は、有線ケーブルを使ったり、アクセスポイントを複数設置してキャンプ場全体をカバーしようとしていました。しかし、森林や河川、高架塔などが障害物となり、有線ケーブルの敷設条件が厳しく、コストも時間もかかります。また、事務所と施設が物理的に離れていることも多く、それぞれに個別の設備が必要となっていました。QX-C300シリーズを活用することで、無線バックホール方式によるマルチホップにより、無線アクセスポイントだけで敷地全体をカバーできるため、低コスト、短期間で無線LANが整備を実現

Case2Case2:工場内での監視映像の伝送

CASE2
業種
製造業
物件数
1物件
対応範囲
Wi-Fi、インターネット、監視カメラ

導入効果

  広い敷地内や遠く離れた作業現場の状況を管理事務所から遠隔で監視するにあたって、有線ネットワークを敷設するとどうしても工期も長くなり、また導入コストも高くなってしまうという課題がありました。本ソリューションではIPカメラの映像をホップ型の無線で伝送することが可能なた、工期短縮と導入コストの削減を実現。

お見積りだけでも結構ですので、お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちら

月曜日〜金曜日 9:00〜17:30
(ただし祝日、弊社休業日を除く)

Page Top