最新情報

2016年3月11日
KCCSモバイルエンジニアリング株式会社
代表取締役社長 角 秀男

日本アルカテル・ルーセント株式会社製 固定アクセス製品の販売について

KCCSモバイルエンジニアリング株式会社(本社:東京都港区 代表取締役 角 秀男)は、日本アルカテル・ルーセント株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役社長兼CSO Nicolas Bouverot)とGPONをはじめとする固定アクセス製品の販売パートナーとして国内での販売活動を行うことで合意致しました。
両社は協力関係の下、ケーブルテレビ事業者様向けFTTH化ソリューション(GPON※1、μCMTS※2)の拡販、並びに法人、大学、ホテル等向けの大規模/大容量のネットワーク基盤としてGPONによるネットワークの光LANソリューションの展開を推進して行きます。
ネットワークのオール光化により、通信速度の向上、トータルコストの大幅削減※3、省スペース化、省電力化、ファイバ区間の電源供給も不要でネットワークのシンプル化による構築、運用、保守の省力化を実現することが可能です。




※1:GPONは、光ファイバを用いて下りの最大伝送速度10Gbpsの高速で大容量通信を可能にする次世代ネットワーク技術です。また、光の増幅なしで最大60Kmまで光ファイバを延伸させることが可能です。高い汎用性を提供するPON方式でありながら、構築コスト、保守コストを抑え、経済的な設備投資が可能なシステムです。



※2:μCMTS は、サービスプロバイダー様の保有する既存のラストマイルの同軸ケーブル設備を利用し、コスト効率良く高速ブロードバンドサービスの提供を可能とするFTTH化に向けた、ディープファイバ化のためのソリューションとなります。
既存の同軸ケーブルを活用することにより宅内への光ファイバ敷設に伴うコストや作業負荷なく、ファイバ並みのスピードを実現します。
トラフィックが急上昇している現状に対し、局所的に設置することにより、ヘッドエンドに設置されているCMTSへのトラフィックをオフロード(ヘッドエンドCMTSの増設を回避) させることが可能です。



※3:メタルLANとの運用時比較


ページトップへ
ソリューションマップ
モバイル・ワイヤレス
IT
IT
教育・技術評価サービス
安全品質管理
会社概要
ご挨拶
会社概要
沿革
旧ネットイットワークス社 公告
経営理念
グループ会社
拠点案内
最新情報
採用情報
お問い合わせ